呪業師 山田和義
       
トップページ
自己紹介/山田和義(呪い請負人)
呪いの儀式と効果・呪い代行にあたって
呪い代行・ご依頼料/呪業師 山田和義
依頼人様へ・復讐する前にご用意いただくもの
6呪いのご依頼の流れ/呪業師 山田和義
呪わた方へ(呪詛呪縛)/呪業師 山田和義
呪業師 山田和義へのQ&A
霊場・その他の情報
呪業師 山田和義/リンク
   
 

【料金表と説明】

 

壱の呪業

 1. 四国八十八ヶ所を逆打ちしながら悪霊・怨霊を体に取り込んでいきます。
 2. 
悪霊の集まる各所(九州圏)で力を借り呪いを最大に高め儀式の1つを行います。
 3. 呪う相手に直接触れ背中より乗り移らせてきます。(渡航費用別途)
 4. 「仏滅」の日の深夜(月4回)
呪い掛けの儀式を行います。
 5. 相手を呪い殺し地獄に送るまで永久的に呪いの業を続けていきます。

 

【説明】
 (壱の1), 白衣(はくえ/おいずる)に呪う相手の名前を書き四国八十八ヶ所を 八十八番より逆打ち(解説) しながら周っていきます。体が不自由なので傾斜の多い四国八十八ヶ所を全て徒歩で回ることは出来ませんが、呪いが掛かり易くするためなるべく徒歩で周らせていただきます。(なるべく徒歩=霊場周りに3〜4週間近くかかると思います) 尚、以下のように実際に周った数枚の写真を依頼人様にお送りいたします。写真をどうのように使うかは依頼人様にお任せします。ちなみに、依頼人様の中には相手に送った方もいらっしゃるようです。同時にQ&Aもお読み下さい。
 白衣については今後の儀式で使いますのでお送りできません。

 (壱の2), 怨霊の集まる場所をサイト上で紹介しますと、人が行き力が弱くなっていきますので記載できませんが「呪いの儀と効果(写真参照)」の場所などにおにて、儀式の1つとして呪いをかけ四国で蓄えた力を倍に引き上げていきます。尚、このような900×675pic写真も同時に依頼人様にお送りいたします。

2a

 (壱の3), 相手の自宅や会社に行き直接相手の背中より、怨念・悪霊・山田和義の生霊と呪いを入れていきます。呪いの効果は絶大です。相手に近づくために渡航費用等の移動代金や宿泊費用を別途いただきます。尚、福岡県内や他県近郊であれば、それらの費用はかかりません。

3

 (壱の4-1), 仏滅の日の儀式について書くことは控えさせていただきます。修行をしていない普通の人が真似をすると危険だからです。(ほんの一部だけ紹介しておきます)

4-1

 (壱の4-2),

4-2

 (壱の4-3), 怨念をも込めた白衣を使い呪いの儀式を行なっていきます。写真は依頼人様にお送りいたします。

4-3
960×1280pic(拡大)

 (壱の5), 依頼人様より「もういい」というようなご連絡がない限り儀式は続けていきます。

【呪詛 壱の業】 依頼の前にご準備いただくもの

▲TOP

 

弐の呪業

 1. 依頼人様の恨みを晴らすべく四国八十八ヶ所を逆打ちし念を込めていきます。
 2. 
悪霊の集まる各所(九州圏)で力を借り呪いを最大に高め儀式の1つを行います。
 3. 呪う相手に直接触れ背中より乗り移らせてきます。(渡航費用別途)
 4. 「仏滅」の日の深夜(月4回)
呪い掛けの儀式を行います。
 5. 相手を呪い殺し地獄に送るまで永久的に呪いの業を続けていきます。

 

【説明】
 (弐の1), 白衣(はくえ/おいずる)に呪う相手の名前を書き四国八十八ヶ所を 八十八番より逆打ち(解説) しながら周っていきます。体が不自由なので傾斜の多い四国八十八ヶ所を全て徒歩で回ることは出来ませんが、呪いが掛かり易くするためまるべく徒歩で周らせていただきます。(なるべく徒歩=霊場周りに3〜4週間近くかかると思います) 尚、以下のように実際に周った数枚の写真を依頼人様にお送りいたします。写真をどうのように使うかは依頼人様にお任せします。ちなみに、依頼人様の中には相手に送った方もいらっしゃるようです。同時にQ&Aもお読み下さい。
 白衣については今後の儀式で使いますのでお送りできません。

 (弐の2), 悪霊の集まる場所をサイト上で紹介しますと、人が行き力が弱くなっていきますので記載できませんが「呪いの儀と効果(写真参照)」の場所などにおにて、儀式の1つとして呪いをかけ四国で蓄えた力を倍に引き上げていきます。尚、このような900×675pic写真も同時に依頼人様にお送りいたします。

2b

 (弐の3), この呪業は含まれません。
 (弐の4-1), 仏滅の日の儀式について書くことは控えさせていただきます。修行をしていない普通の人が真似をすると危険だからです。(ほんの一部だけ紹介しておきます)

4-1

 (弐の4-2),

4-2

 (弐の4-3), 怨念をも込めた白衣を使い呪いの儀式を行なっていきます。写真は依頼人様にお送りいたします。

4-3
960×1280pic(拡大)

 (弐の5), 依頼人様より「もういい」というようなご連絡がない限り儀式は続けていきます。

【呪詛 弐の業】 依頼の前にご準備いただくもの

▲TOP

 

参の呪業

 1. 依頼人様の恨みを晴らすべく四国八十八ケ所を逆打ち念を込めていきます。
 2. 
悪霊の集まる各所(九州圏)で力を借り呪いを最大に高め儀式の1つを行います。
 3. 呪う相手に直接触れ背中より乗り移らせてきます。(渡航費用別途)
 4. 「仏滅」の日の深夜(月4回)
呪い掛けの儀式を行います。
 5. 相手に大きな災いを起こすまで永久的に呪いの業を続けていきます。

 

【説明】
 (参の1), この呪業は含まれません。
 (参の2), 悪霊の集まる場所をサイト上で紹介しますと、人が行き力が弱くなっていきますので記載できませんが「呪いの儀と効果(写真参照)」の場所などにおにて、儀式の1つとして呪いをかけていきます。この900×675pic写真は依頼人様にお送りいたします。

2c

 (参の3), この呪業は含まれません。
 (参の4-1), 仏滅の日の儀式について書くことは控えさせていただきます。修行をしていない普通の人が真似をすると危険だからです。(ほんの一部だけ紹介しておきます)

4-1

 (参の4-2),

4-2

 (参の4-3), 呪いの儀式。写真は依頼人様にお送りいたします。

4-3
960×1280pic(拡大)

 (参の5), 依頼人様より「もういい」というようなご連絡がない限り儀式は続けていきます。

【呪詛 参の業】 依頼の前にご準備いただくもの

▲TOP

 

四の呪業

 1. 依頼人様の恨みを晴らすべく四国八十八ケ所を逆打ち念を込めていきます。
 2. 怨霊の集まる各所(九州圏)で力を借り呪いを最大に高め儀式の1つを行います。

 3. 呪う相手に直接触れ背中より乗り移らせてきます。(渡航費用別途)
 4. 「仏滅」の日の深夜(月4回)
呪い掛けの儀式を行います。
 5. 相手に大きなダメージを与えるまで永久的に呪いの業を続けていきます。

 

【説明】
 (四の1), この呪業は含まれません。
 (四の2), この呪業は含まれません。
 (四の3), この呪業は含まれません。
 (四の4-1), 仏滅の日の儀式について書くことは控えさせていただきます。修行をしていない普通の人が真似をすると危険だからです。(ほんの一部だけ紹介しておきます)

4-1

 (四の4-2),

4-2

 (四の4-3), 呪いの儀式。写真は依頼人様にお送りいたします。

4-3
960×1280pic(拡大)

 (四の5), 依頼人様より「もういい」というようなご連絡がない限り儀式は続けていきます。

【呪詛 四の業】 依頼の前にご準備いただくもの

▲TOP

 

 
   
   
   
   
   
   
   
   
     
       
Copyright © 2009-2011 .Yamada-kazuyoshi All Rights Reserved.